公務員

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」とは?料金・メリット・評判・口コミ・就職状況など【最大56万円キャッシュバック有り】

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」とは?料金・メリット・評判・口コミ・就職状況など【最大56万円キャッシュバック有り】

 

本記事の内容

  1. DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースってどんな内容?
  2. 機械学習エンジニアコースのメリットやデメリットは?

  3. 機械学習エンジニアコースの口コミや就職先は?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事を書いているぼくは、プログラミングスクール(侍エンジニア塾)に通ってフリーランスプログラマーになりました。

 

プログラミング学習に100万円以上の金額を投資してきた経験から、「失敗しないプログラミングスクールの選び方」に関する情報をお届けします。

 

SNSなどでも良い評価が多く気になっている方も多いはずのスクール「DIVE INTO CODE」には、「機械学習エンジニアコース」というカリキュラムがあります。

 

せっかく受講料を払うので、絶対にプログラミングスクール選びで失敗したくありません…

 

そこで今回は「DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコース」について紹介しますね!

 

機械学習エンジニアコースについて詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めていってくださいね。

 

\最大56万円キャッシュバック!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの概要

 

DIVE INTO CODEは、都内の教室で学習するオフライン型とオンライン型両方に対応しているスクールです。

 

DIVE INTO CODEの基本情報

受講形態 通学 or オンライン
コース内容

①Webエンジニアコース/ベーシックプログラム

②Webエンジニアコース/就職達成プログラム

③機械学習エンジニアコース

期間

①パートタイム:6ヶ月

②フルタイム:4ヶ月/パートタイム:10ヶ月

③フルタイム:4ヶ月

価格

①427,800円

②647,800円

③1,077,800円

言語

Ruby

Python

就職支援

有り

 

\最大56万円キャッシュバック!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODE「機械学習エンジニアコース」

 

ではここから、DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースについて解説していきます。

 

「機械学習エンジニアコース」の概要

  • 受講料は約100万円(最大56万円のキャッシュバック制度あり)
  • 学習期間は4ヶ月
  • Python・数学的知識などを身につけ、自立自走できる機械学習エンジニアを目指す

 

学習カリキュラム

 

機械学習エンジニアコースのカリキュラムは以下のように4つのステップに分かれています。

 

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースのカリキュラム

 

学習時間の目安

事前学習:1ヶ月間

Term1〜3:600時間以上

 

料金

入会金(税別) 181,819円
受講料(税別) 798,000円
合計(税別) 979,819円

 

上記のように受講料の総額は約100万円。

各プログラミングスクールが提供しているカリキュラムの中でも、かなり高額のコースになっています。

 

なおDIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは、「専門実践教育訓練指定講座」に指定されているため、最大56万円のキャッシュバックが受けられます。

 

入校までの流れ

 

事前テスト

 

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースを受講するためには、事前テストに合格しなければなりません。

 

事前テストとはどういった内容なんでしょうか?

 

事前テストに合格するためには、以下の教材を修了できるレベルが必要です。

 

Python基礎(いずれか選択)

  • PyQ Pythonはじめの一歩まで
  • progate Python Ⅲまで(日本語・有料)
  • paiza Python入門4まで(日本語・無料)

 

Python標準(いずれか選択)

  • PyQ Python初級まで
  • Udacity Intro to Computer Science Lesson4まで(英語・日本語字幕・無料)

 

Python演習(いずれか選択)

  • PyQ Python中級まで
  • paiza ランクCまで(日本語・無料)
  • cording bat Logic-2まで(英語・無料)

 

線形代数入門

  • ディープラーニングのための線形代数入門:一般的演算の初学者向けガイド

 

新採ちゃん
けっこうやることがあるんですね…

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」のメリット

メリット

 

DIVE INTO CODE「機械学習エンジニアコース」には以下のようなメリットがあります。

 

メリット

  1. Pythonが学べる
  2. 充実した就職サポート

 

①Pythonが学べる

 

プログラミングスクールで教えられているメジャーなWeb系言語は「Ruby」ですが、実は「Python」の方が平均年収は高いです。

また最大提示年収についてもPythonが約1,500万円、Rubyが1,200万円と300万円近くPythonの方が高くなっています。

 

順位 言語

年収中央値
(万円)

求人数
(件)

Go 600 2,202
Scala 600 1,489
Python 575.1 9,344
Koltin 575 961
TypeScript 575 667
R 574.8 220
Ruby 550 11,676
Swift 550 3,353
Perl 525 4,509
10 C 525 9,347

(参考:求人検索エンジン「スタンバイ」プログラミング言語別年収ランキング2018)

 

Pythonが得意とするAI開発などの分野は今後どんどん伸びていく分野と予測されており、比例してPythonが使えるエンジニアの需要もどんどん高まっています。

 

②充実した就職サポート

 

DIVE INTO CODEはとても就職サポートが手厚いプログラミングスクールです。

 

DIVE INTO CODEの就職サポート

  • 受講生と企業担当者がマッチングできる「就職説明会」
  • 履歴書や職務経歴者の添削サービス
  • 個別求人紹介や模擬面接をはじめとした面接対策

 

特に企業担当者と直接知り合える「就職説明会」は他スクールにはないような、DIVE INTO CODEならではの就職サポートです。

 

就職説明会の様子

(出典:【就職説明会】DIVE INTO CODE生徒の共に学びあう関係性がエンジニアの質を高めていく

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」のデメリット

デメリット

 

DIVE INTO CODE「機械学習エンジニアコース」のデメリットはどんなところでしょうか?

 

デメリット

  1. 費用が高い
  2. フルタイムでコミットできる人しか受講できない

 

①費用が高い

 

機械学習エンジニアコースは、受講料が約100万円と高額です。

 

給付金でキャッシュバックの対象になっている人であれば負担が少なくてすみますが、対象外の人は全額自己負担。

いくら自己投資とはいえ、少し躊躇してしまうのが普通な金額です。

 

②フルタイムでコミットできる人しか受講できない

 

機械学習エンジニアコースは4ヶ月間フルタイムの通学形式で受講するカリキュラムであるため、仕事や育児などと両立しながら進めることができません。

 

実際に下のような声もありました。

 

 

現在仕事をしている社会人の方が受けたい場合、一度仕事を辞めてから受けなければいけないということですね…

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」の良い評判・口コミ

 

DIVE INTO CODE「機械学習コース」の良い評判は主に以下のような内容でした。

 

良い評判

  1. カリキュラムの内容が本気
  2. 意識の高い受講生が多い
  3. 受講生がコンペで表彰
  4. 良い会社に就職できた
  5. 実務で活躍している卒業生がいる

 

カリキュラムの内容が本気

 

意識の高い受講生が多い

 

受講生がコンペで表彰

 

良い会社に就職できた

 

実務で活躍している卒業生がいる

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」の悪い評判・口コミ

 

DIVE INTO CODE「機械学習コース」の悪い評判は以下のような内容でした。

 

悪い評判

  1. 市販の技術本と内容がほぼ同じ

 

市販の技術本と内容がほぼ同じ

 

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」の卒業生・就職先

 

機械学習コースの卒業生はどういったところに就職しているのでしょうか?

 

DIVE INTO CODEの公式HPで紹介されていた事例を一部抜粋します。

 

非IT系→機械学習や人工知能を扱う会社のエンジニア

  • 元々は非IT系企業に勤めていた
  • プログラミングで実現できる効率化に興味を持ったことがきっかけでエンジニアを目指した
  • 深層学習、ディープラーニングに特化している企業のエンジニアとして内定

>>【卒業生インタビュー】未経験の面接で必要なものは前向きな「姿勢」。諦めずに続けたその先に見えるもの

 

40代(Sler→ロボット・AIの開発や運用を行う企業のエンジニア)

  • 元々はSlerで基幹システム導入支援に関する業務
  • コンピュータ囲碁プログラムに衝撃を受けたことがきっかけでプログラミングに興味を持った
  • DIVE INTO CODEの転職対策を活かして、ロボットやAIの開発・運用を行う自社開発企業「イクシス」に入社

>>【卒業生インタビュー】40代でエンジニア転職に挑戦!友正 常雄さんが機械学習エンジニアを志したきっかけと、その先に見据える未来

 

40代(法人の総務→データサイエンティスト)

  • 元々は法人の総務で15年間勤務し、妻と子供が4人いる
  • 「HPを作りたい」「業務効率化」を図りたいと思ったことがきっかけでプログラミングに興味を持った
  • 同期の受講生がどんどん内定を決めていく中でも諦めずに転職活動を続け、データサイエンティストとして内定

>>【卒業生インタビュー】47歳総務一筋15年のキャリアを捨てて、データサイエンティストへ転職(前編)

>>【卒業生インタビュー】47歳総務一筋15年のキャリアを捨てて、データサイエンティストへ転職(中編)

>>【卒業生インタビュー】47歳総務一筋15年のキャリアを捨てて、データサイエンティストへ転職(後編)

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」に向いている人

 

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースに向いている人ってどういう人なんでしょうか?

 

「機械学習エンジニアコース」に向いている人

  • 「絶対に機械学習エンジニアになりたい!」という強い気持ちがある人
  • 4ヶ月間フルタイムでカリキュラム受講可能な人

  • プログラミングスクール受講のための予算に余裕がある人
  • 就職してからも自主的に学習を続けられる人

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

 

まとめ:DIVE INTO CODE「機械学習エンジニアコース」について

 

本記事では、DIVE INTO CODEの「機械学習エンジニアコース」について紹介してきました。

 

高い授業料を払ってスクールを受講しても、その後ちゃんと稼げるようになるのか不安です…

 

スクールを卒業してプログラマーになれば、速攻で返済が可能なので安心して大丈夫ですよ。

 

これは実際に掲載されているプログラマーの求人です。

Railsエンジニアの求人例

スクールでプログラミングを学んでこのような求人に採用されると、スクールの受講料は数ヶ月でもとがとれてしまいます。

 

またある程度経験を積んでフリーランスになれば、以下のように月単価100万円近い案件などにも参画可能です。

 

 

また最近のプログラミングブームにより、スクールの受講料は値上げされている傾向にあります。

受講が早い方が、転職的にも経済的にも有利なのは間違いありません。

 

プログラミング学習を始めるなら、まずは無料体験レッスンを受けてスクールの雰囲気やカリキュラム理解するところから始めましょう!

 

\最大56万円のキャッシュバックあり!/

「無料体験クラス&説明会」はコチラ

-公務員

© 2021 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5