公務員の退職

【実体験】公務員を辞めると決めてから、実際に公務員を退職するまでの流れを紹介

アイキャッチ

 

  • 公務員を退職するときは、どういった流れで進んでいく?

 

こんな疑問にお答えします。

 

ぼくは約5年間公務員として働いたあとに退職しました。

なんとしてもボーナスをもらってから辞めたかったので、一般的な退職時期の3月末ではなく、6月末の退職をえらびました 。

 

というわけで今回は「ぼくが退職するまでの流れ」をテーマに記事を書きました。

 

「公務員を退職するなら、ボーナスをもらってから辞めたい」と考えている方の参考になると思います。

 

それでは前置きはこのへんにして、早速はじめていきましょう。

 

退職希望時期はボーナス支給の『6月』に

 

ぼくは計5年間公務員として勤めていましたが、恥ずかしながらまったく貯金をしていませんでした。

貯金できなかった理由は主に飲み会やギャンブル。

 

そのせいで退職後にかなりお金のことで苦労しました…

公務員時代に貯金していなかったことを本当に後悔しています。

 

転職先を決めずに辞めるつもりだったため、ボーナスがどうしても必要でした。

公務員のボーナスは月割りで計算できないため、基準日に在籍していなければ支給されません。

というわけで、退職時期は一般的な3月ではなく6月に設定。

 

3月退職か6月退職かでボーナスと給与あわせて100万円ほど違ってくるため、貯金がないぼくにはかなり大きな違いでした。

 

半年前に人事へ退職意向を伝えた

 

3月末の退職であれば、3月異動で空いた穴を補充できるため人員数に影響はありません。

 

しかし年度内の退職は異動人事で対応できないため、自分がいたところに穴があくことになります。

 

退職で与える影響も大きく早めに伝えておいた方が良いと思ったため、人事には半年前の1月に退職意向を報告しました。

 

その際人事からは「異動の関係もあるので、3月にしてくれないか?」と言われましたが、ボーナス等の関係でどうしてもここは譲れませんでした。

 

ちなみにこの時は他県の市役所に派遣されていたので、人事との連絡はすべて電話でとる形に。

結果的にそれで内密にすすめることができ、公式に庁内で報告するまでまったく話が広まらなかったのは良かったです。

 

4月の異動先は1人増

 

早い段階で人事に伝えていたということもあり、4月の異動先ではひとり増員してくれていました。

 

ぼくが6月に抜けても、もともとの人数になるということですね。

 

増員がなければ誰かが退職者の業務量をかぶらなければいけないため、職場に迷惑をかけてしまいます。

 

円満に退社できるようにとりはからってくれた人事には、本当に感謝しています。

 

課内には有休1週間前に発表

 

有休に入る1週間前に、朝の朝礼で課内に発表しました。

 

公表してからはジワジワと噂が庁内でも広まっていたみたいです。

 

退職する若手は少ないので、最初は病気で辞めると思われていたみたいですw

 

有休は半分(20日)だけ使った

 

ちなみに有休はというと、半分の20日だけ使わせてもらいました。

6月末の退職日にあわせて、6月いっぱいは有休を使った感じです。

 

全部使おうと思えば強引につかうこともできましたが、角がたちそうだったのでやめておきました。

 

ぼくは職場と地元の町役場が同じなので、今後もなにかと顔を合わせる機会が多いんですよね。

なのでできるだけ印象よく去りたかったというのが正直なところです。

 

最終日はまず町長室であいさつした後、課長と一緒に庁内をあいさつまわり。

そのあと所属していた課内にお菓子を配って、ぼくの公務員生活は終了しました。

 

まとめ:公務員を辞めるまでの流れ

 

こんな流れでぼくは公務員を退職しました。

 

一般的な退職時期は3月が多いですが、ボーナスもないし3月は繁忙期のため有休もほとんど使えません。

 

退職時期を決めるのも有休の使用も労働者に認められた権利なので、もし使えるのであれば最大限に使うことをオススメします!

 

特に転職先を決めずに辞める場合、失業手当がない公務員は収入が0になります。

もらえるものはもらっておくに、こしたことはないでしょう。

 

退職後の生活については別記事をご覧ください。

 

では今回もお読みいただきありがとうございました。

-公務員の退職

© 2021 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5