公務員

【公務員辞めました】ぼくが町役場を辞めた3つの理由を紹介します

ぼくが町役場を辞めた3つの理由を紹介します
  • 町役場の仕事がつまらないので辞めたい
  • 退職金のためにこのまま働き続けるべきなのか
  • 辞めずに続けていたら後から後悔するかも

 

こんな悩みに答えます。

 

公務員ってまわりから楽な仕事だと思われがちですが、本人にしか分からない悩みが多いですよね。

「公務員はつぶしが効かない」というように退職のハードルも他の仕事より高いので、実際に退職して動き出せる人は決して多くないはず。

 

この記事を書いているぼくは地元の町役場で5年働いた後に退職した元公務員です。

実際に町役場を辞めたいと思って悩んでいた時期が長かったので、同じ立場にいる方の悩みはよく分かります。

 

本記事では「ぼくが町役場を辞めた理由」について紹介していきます。

 

なお公務員を辞めた現在は、フリーランスプログラマーとして働いています。

辛い時期もありましたが、今では公務員時代より年収も上がり、スキルも比べられないくらい身につきました。

興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

>>【実体験】フリーランスプログラマーになるための方法や仕事内容まとめ

 

公務員を辞めた後の生活

 

公務員を辞めたくても『辞めたら生活していけないかもしれないし、もっとキツい環境で仕事をしなければいけないかも…』と不安になりませんか?

実際にぼくもそう思っていたので、退職してどうだったのか経験談をお話しします。

 

スキル・環境・給料も良い会社に転職できた

公務員を退職してからは2年ほどフリーランスとして独立した後、現在はWEB系の企業に会社員として勤めています。

 

現在の仕事は主に以下のような内容です。

  1. Webサイト制作
  2. マーケティング
  3. デザイン
  4. ライティング
  5. ディレクション

 

どれも専門的な知識と技術が必要な業務です。

ちなみに公務員時代はひたすら県からの照会を消化したり窓口業務をこなしたりという、誰でもこなせる業務をこなしていました。

今は環境に恵まれたことで、働きながらスキルを身につけている感覚があります。

 

また働く環境も大きく変わりました。

以前は出社しなければ絶対に仕事ができませんでしたが、今はオフィスに出勤する日と家で作業を重なうリモート出勤を組み合わせています。

出勤時間がかからず居心地の良い空間で仕事ができるので、公務員時代に比べるとかなり働きやすくなりました。

 

また給料も前職に比べてアップしました。

これも業績によって更に昇給してもらえるそうなので、今後も頑張って会社に貢献しつつ幸福度を高めていきたいと思っています。

 

将来に対する不安が減り生きやすくなった

 

公務員時代は全くスキルを身につけることができなかったので、常に『この会社を辞めたら生きていけない…』と将来を不安に思っていました。

辞めたいのに辞められないストレスって本当に辛いですよね。

 

しかし今は数年前と比べて様々なスキルを身につけることができている実感があり、仮に今の会社を辞めてもなんとかなるだろうなと思えるように。

またフリーランスとして現在も案件を受けるなかで、個人でも生きていける自信がつきかなり生きやすくなりました。

 

仕事で消耗しなくなり生産的な時間が増えた

公務員を辞めて今の企業に転職してからは、かなり日常のストレスが減りました。

 

公務員の仕事で特にストレスを感じていたのは以下のようなことでしたが、転職によって大きく変化しました。

  1. 効率性を無視した仕事の進め方  →  様々なツールを利用してとにかく効率を重視
  2. 急に集中を遮断する来客や電話  →  来客や電話対応はなく、自分の作業に集中できる

 

ぼくが転職したのがWeb系ということもありますが、公務員と民間の仕事の進め方ってこんなに違うのかと実感します。

ストレスが減ったことで仕事で消耗しにくくなったため、帰ってからも読書やブログなど生産的な作業に費やす余裕ができるようになったのは良かったです。

 

町役場で働いた5年間の経緯

 

ぼくは新卒で町役場に就職した後、退職するまで約5年間にわたって公務員として働きました。

働いていた自治体の異動スパンはだいたい2〜3年くらいでしたが、結果的に3回異動し計4ヵ所の部署を経験しました。

 

異動する度に新しい仕事を覚えるのは大変でしたが、様々な部署を経験できたことは本当に恵まれていたと思います。

なお異動した部署の経歴は以下のとおりです。

 

 

ちなみに一番忙しかったのが広報課で、一番仕事にやりがいを感じられたのも広報課でした。

詳しくは下記記事に書いてありますので、よろしければご覧ください。

>>【実体験】町役場の広報担当になると月20万稼げるスキルが身に付く理由を紹介

 

町役場を辞めた3つの理由

①仕事が全く面白くなかった

 

1つめの理由は「仕事が全く面白くなかったから」です。

 

町役場の仕事の大半は、県からの照会や月単位のルーティン業務です。

市役所などと比べて職員数が少ないため、いろいろな業務を兼務して同時進行していかなければなりません。

 

他課と連携したり調整をしたりしながらひとつずつ業務を消化していくわけですが、こういう仕事が全く面白いと思えませんでした。

 

②公務員の仕事は楽じゃないと気付いた

 

2つめの理由が『公務員の仕事は楽じゃないと気付いたから』です。

 

つまらなくても仕事が楽であればまだいいのですが、決して公務員は楽な仕事ではありませんでした。

もちろん部署によって忙しさに差はあるのですが、広報担当だったときは月の残業時間が100時間を超えることもざらにありました。

 

そもそもぼくが公務員を目指したのは『仕事が楽そうだから』というのも大きな理由。

ただ実際に公務員として働いてみて、それが間違っていたことを実感しました。

 

仕事である自営業の人と話した際に『楽な仕事なんてどこにもない。それなら自分の好きな仕事をした方がいい』という言葉を聞き、確かにそのとおりだと納得した経験があります。

 

今後年齢が上がって係長などの管理職になれば、今よりももっと忙しくなることは確実です。

それならせめて自分がやりがいを感じられる仕事の方が良いのでは?と思うようになりました。

 

③後から「辞めておけばよかった…」と後悔したくなかった

 

最後は「辞めなかったことを後から後悔したくなかったから」です。

これが一番大きな理由でした。

 

公務員は確かに安定しているし、民間企業のようにノルマや競争も基本的にありません。

世間体もいいので職業を聞かれて困ったことはなかったし、退職金もちゃんともらえるので老後の生活も安泰です。

 

しかしそれは「公務員として働き続けたとき」の話で、逆に公務員を辞めるときは大きなハンデがあります。

 

公務員退職のハンデ

  • 民間企業と違って、失業保険がもらえない
  • 専門的なスキルがなく転職にいかせない(市場価値が低い)
  • 公務員を退職したことに対してマイナスイメージを持たれることも

 

「つぶしが効かない」といわれる公務員は、いざ公務員を辞めて転職しようとなるとけっこうハードモードです。

なのでまわりを見ても、辞めたいと思いつつ仕方なく仕事を続けている人がほとんどでした。

 

ただ『これから先の人生を好きでも無い仕事に費やしていくのか?』と考えた時、将来幸せになっている自分の姿がどうしても想像できませんでした。

 

もちろん退職する前はいろいろ悩みましたし、「食えなくなったらどうしよう…」と不安にもなりました。

でも「最悪アルバイトでもすれば死ぬことはないだろう!」と開き直ったことで、退職する決断ができたんです。

 

もちろん公務員を辞めてしまった後に、退職したことを後悔する日がくるかもしれません。

しかしそれ以上に「あの時辞めておけば良かった…」と退職しなかったことを後悔することの方が怖く感じました。

 

これまでの人生を振り返っても「失敗するくらいならやらなきゃよかった…」ということより、「うまくいかなかったけど挑戦して良かった」と思えることの方が多かったと気付きました。

 

人それぞれ考えはあると思いますが、ぼくは「やらない後悔よりやって後悔したい」と思って町役場を辞めました。

 

公務員を辞めてよかった体験談

 

ぼくも以前は町役場で勤務していましたが、5年務めた後に退職してフリーランスとして独立しました。

現在は主にサイト制作などを行うフリーランスとして活動しています。

 

そんなぼくですが、もともとプログラミングが好きだったわけではありません

最初は簡単なCSSでさえ分からなくて、何度も辞めようと思いました。

でも続けるうちになんとなく理解できるようになってきて、段々プログラミングが楽しくなってきたんです。

 

ただプログラミングが楽しくなっても、稼げるのかというとそれは全く別の話…

 

最初は2〜5万円ほどの案件しか受注できず、簡単なコーディングにも1ヶ月ほどかかっていました。

全く生活費が足りず、キャッシュが尽きて借金をしてしまったこともありました…

 

しかし今では1案件でも40〜50万円ほどに単価を上げることができ、10Pくらいのコーディングなら3日ほどあればできるくらいには成長しました。

 

公務員時代と違って、今の仕事であるプログラミングはとても楽しいです。

なぜかというと『圧倒的に成長が実感できる瞬間が多い』から。

 

たとえば前は3日かけなければできなかったことが、次にやったときは1時間もあればできるようなことが多々あります。

プログラミングって1回書いたコードならそのまま使えることも多いので、作業時間の短縮がかなりしやすいという特徴があるんです。

 

ぼくが町役場を辞めた3つの理由を紹介します

 

作業時間の短縮や報酬アップのように、数字で成長を実感しやすいのがプログラミングの魅力です。

 

『仕事が楽しくなった』ことのほかにも、フリーランスになって様々なメリットがありました。

詳しく知りたい方は、こちらの記事を御覧ください。

>>公務員を辞めてよかったこと5選【町役場職員からフリーランス2年目を迎えて】

 

『公務員を辞めたい…』と思ったらまずは準備から!

 

『公務員を辞めたい…』と思っても、いきなり退職してしまうのは危険。

民間企業と違って失業保険が出ない公務員は、退職のリスクが大きいのも事実です。

 

新採ちゃん
公務員を退職するときは、計画的なステップに沿って少しずつ進めていくのがオススメです。

 

退職前にしておくべき準備

  • 転職エージェントへの登録
  • すぐに仕事をとれる準備をしておく

 

【町役場を辞めたい人向け】元町役場職員が退職前にしておけばよかった2ステップを紹介【後悔】
参考【町役場を辞めたい人向け】元町役場職員が公務員退職前にするべき2ステップを紹介【後悔】

 

まとめ:町役場を辞めた3つの理由

 

本記事では、ぼくが町役場を辞めた理由について紹介してきました。

 

公務員として働いた5年間があったからこそ自分の適性ややりたいことがわかったので後悔はありません。

退職した現在はフリーランスとして、Webサイトを作ったり記事を作成したりしながら生活しています。

 

全て自己責任で辛いこともありますが、自分の好きな仕事に好きなだけ取り組める環境は最高です。

 

もし以前のぼくと同じように『町役場を辞めたい…』と悩んでいる方がいたら、こちらの記事もご覧ください。

【町役場を辞めたい人向け】元町役場職員が退職前にしておけばよかった2ステップを紹介【後悔】
参考【町役場を辞めたい人向け】元町役場職員が公務員退職前にするべき2ステップを紹介【後悔】

続きを見る

-公務員

© 2022 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5