公務員

RUNTEQ(ランテック)の評判は?リアルな口コミ・メリット・デメリットまとめ

  • ランテックのメリット・デメリットは?
  • ランテックを受講した人の評判や口コミは?
  • ランテックに向いているのはどんな人?

 

この記事を書いているぼくは、現役のフリーランスエンジニアです。

半年間プログラミングスクールに通っていた時期があるのですが、「もっとスクール選びを慎重にするべきだった…」という後悔からプログラミングスクールに関する情報を発信しています。

 

この記事ではプログラミングスクールの選択肢としてランテックを考えている方に向けて、「ランテックのメリットやデメリット、受講生からの評判など」についてまとめて解説しています。

 

この記事を読めば、「自分はランテックを選ぶべきかどうか?」という疑問を解決することができますよ。

無料説明会を受けてみる

 

ランテックとは?

受講形式 オンライン
価格 ¥298,000〜¥398,000
期間 3〜9ヶ月
サポート体制

オンライン面談、就職支援など

 

ランテックは、超実践型のプログラミングスクールです。

プルリクベースの学習など実際の開発現場に近いカリキュラムが特徴で、効率的にWebエンジニアに必要とされるスキルを習得することができます。

 

システムの受託開発などを行う「株式会社スタートアップテクノロジー」が運営しているから現場目線のカリキュラムを提供できるという背景があります。

 

カリキュラムのレベルは高いですが、月2回のオンライン面談で学習時の疑問点やキャリア相談までしっかりサポートしてもらえます。

 

また受講生同士のオンラインコミュニティも活発で受講生やOB限定のイベントも頻繁に開催されるなど、非常に横のつながりが強いスクールでもあります。

 

ランテックのコース内容とは?

 

ランテックには、以下3つのコースがあります。

 

  1. Webマスターコース:プログラミング完全初心者の方向け
  2. Railsマスターコース:HTMLやRailsの基礎は学習している方向け
  3. Railsエンジニアコース:Railsチュートリアルまで学習した方向け

 

①Webマスターコース

対象者 プログラミング初心者
受講条件
学習時間 850時間
受講期間 5〜9ヶ月
受講料 ¥398,000

 

②Railsマスターコース

対象者 HTMLやRailsの基本文法を学習済
受講条件 HTMLやRailsの基本文法を学習済の方
学習時間 750時間
受講期間 4〜8ヶ月
受講料 ¥348,000

 

③Railsエンジニアコース

対象者 Railsチュートリアルまで学習済
受講条件 Railsチュートリアルを学習済の方
学習時間 650時間
受講期間 3〜6ヶ月
受講料 ¥298,000

 

Webエンジニア転職を目指すのであれば、「Railsマスターコース」か「Railsエンジニアコース」を受講しましょう。

 

ランテックの6つのメリット

 

ここからはランテックのメリットについて紹介していきます。

 

『RUNTEQ』のメリット

  1. 現場で求められるスキルが身につくカリキュラム
  2. 就活で評価されるオリジナルアプリが作れる
  3. 講師は現役エンジニアのみ
  4. 受講生同士のコニュニティが活発
  5. 自社開発企業への就職に強い
  6. 他スクールと比較して料金が安い

 

メリット①:現場で求められるスキルが身につくカリキュラム

 

ランテックのコンセプトは『企業が求める実務レベルを学べるオンラインスクール』。

他スクールでありがちなプログラマー転職するためだけの小手先の学習ではなく、実際の開発現場で求められるレベルに徹底的にこだわっています。

 

カリキュラムを修了した受講生のレベルの高さは、実際のエンジニア転職市場でも高い評価を受けています。

 

RUNTEQの課題は、GitHubによるプルリクエストベースで進めます。

 

課題をプルリクした後はどうなるんでしょうか?
RUNTEQには受講生のプルリクエストの内容が合っているかチェックするための『自動コードレビュー』機能があるんです。

 

 

『自動コードレビュー』のメリット

  • 自分のペースで課題を進められる
  • 間違っていたときは修正箇所を指摘してくれる
  • ムダのない良いコードの書き方が学べる

 

新採ちゃん
講師の確認待ちで学習がストップしないのは有り難いですね!

 

メリット②:就活で評価されるオリジナルアプリが作れる

 

未経験からエンジニアを目指すときに必要になるのが、これまで勉強してきた成果を形にした『オリジナルアプリ』です。

 

規定のカリキュラムなどがあるわけではなくエラーなども調べて自力で解決していかなければいけないため、制作には1〜3ヶ月ほどかかります。

ただ頑張ってオリジナルアプリを作ったとしても、内容次第では全く就活時に評価されないことも…

 

実際にぼくが2ヶ月ほどの期間をかけて作ったアプリは、あまり就活時に評価されませんでした…

 

上記は実際にぼくが就活時にもらった企業からのメッセージですが、これを見ると最初のコンセプトを作るところから方向性を間違っていたことが分かります。

こうなってはかなり悲惨ですよね?

 

RUNTEQではこうしたミスマッチを防ぐため、アプリの構想段階からレビューをもらえる環境があります。

具体的には受講生が参加できるSlackのコミュニティ内でオリジナルアプリのアイデアを発信すれば、講師や受講生から『めっちゃ面白そう!』とか『こうした方がいいんじゃない?』とレビューしてもらえます。

こうした環境があることで最初の方向性を間違うことなく、就活で評価されるアプリを作成することができます。

 

実際にRUNTEQ受講生が作るオリジナルアプリは、就活時にも高い評価を受けています。

 

参考として、RUNTEQ受講生が作成したオリジナルアプリの一例を紹介しますね。

 

Hashlog

 

こちらの『Hashlog』は、Twitterと連動した学習記録アプリです。

 

未経験エンジニアとは思えないほどの完成度の高さで、実際にRUNTEQ受講生からもかなり高い評価を受けています。

 

ハッシュタグを登録しておけば自動的にツイートを収集してくれるので、継続している習慣を可視化することができます。

 

主な機能

  • ツイートを日付で管理するカレンダー機能
  • 一定期間ツイートが無い場合のリマインド機能
  • ユーザーの継続率を順位付けするランキング機能

 

このアプリを作った受講生の方は、後に東京の自社開発企業に転職成功しています。

 

FGO-Calculator

  • スマホのアプリ 「Fate/Grand Order」で使用できる計算アプリ
  • 楽しく使えてすぐにアクセスできる点を重視して制作

>>アプリ詳細はこちら

 

機能はもちろんのこと、画面のデザインなんかもめちゃくちゃ完成度が高いです。

ただ就活用に作っただけのポートフォリオじゃなくて、自分が楽しんで作っていることが一目で分かりますね。

 

後はTwitterアカウントからエンジニアの技術力を数値化できる「エンジニアチェッカー」というポートフォリオも、SNSでかなりバズっていました。

 

エンジニアチェッカー

 

エンジニアチェッカー』は、ツイート内容を収集・解析してエンジニアのしてのスキルを可視化するアプリです。

このアプリを使えば、『エンジニアのフリをしているインフルエンサーや情報商材屋』などを見極めることも簡単にできますw

 

Twitterアカウントを利用したサービスということで拡散性も高く、リリースから3日でなんと10,000人以上のユーザーがサービスを利用したそうです!

 

このアプリを作った受講生の方は、東京の自社開発企業にRailsエンジニアとして入社しています。

>>リリース3日で10,000人のユーザーを獲得した「エンジニアチェッカー」の生みの親 岩崎さんが入社した理由!!

 

メリット③:講師は現役エンジニアのみ

 

RUNTEQの講師は、現役エンジニアのみで構成されています。

 

 

実際の開発現場で現役でコードを書いているエンジニアからサポートを受けられる環境はRUNTEQならでは。

先述した『自動コードレビュー機能』なども、RUNTEQ講師が開発しています。

 

『学生や自スクールの卒業生を講師に採用しているのでは…』という心配は、RUNTEQでは無用です。

 

メリット④:受講生同士のコミュニティが活発

 

RUNTEQは、受講生同士のコミュニティがかなり活発です。

 

プログラミングスキルを身につけるために一番大事なのは『とにかく学習を継続すること』。

継続さえしていれば早い遅いの違いはあれど、少しずつ成長していくことはできます。

けどまわりに仲間のいない孤独なオンライン環境で、一人で学習を継続することは結構難しいですよね?

 

そんなときに心強いのが、コミュニティ内で交流できる受講生同士の横のつながりです。

 

 

またランテックには、オンライン上の教室環境があります。

パソコンのカメラ機能などを使って学習している様子を共有することで、離れていても擬似的に受講生が教室に集まって学習している感じですね。

 

新採ちゃん
こうした誰かから監視されるような環境があれば、一人だと怠けて努力できないような人でも学習を継続しやすくなりますね!

 

メリット⑤:自社開発企業への就職に強い

 

RUNTEQは、駆け出しエンジニアの就職先の中でも一番人気がある『自社開発企業』への就職に特に強いスクールです。

 

『自社開発企業』への就職は、競争率も高く入社難易度も非常に高いです。

そのため諦めて、受託開発やSES企業へ就職する駆け出しエンジニアも多数いるのが現状。

 

そんな中でもRUNTEQが多くの受講生を自社開発企業へ輩出できているのは、現役エンジニアに評価されるような『現場目線のカリキュラム』や『個性的なオリジナルアプリ』をサービスとして提供できているからです。

 

またRUNTEQでは独自の企業選考カリキュラムを提供しています。

このカリキュラムを突破すれば、合格者のみが応募できる非公開の求人案件に応募することが可能です。

 

 

合格率はどれくらいなのでしょうか?
1割以下です。この数値からみても実際に企業が求めるレベルとエンジニア転職希望者のレベルに大きな差があることが分かりますよね。

 

ちなみにRUNTEQの受講生であれば問題なくクリアできる内容です。

 

またRUNTEQには、カリキュラムを修了した受講生が実際の開発案件に参加する「RUNTEQ WORKS」というシステムがあります。

なぜこのようなことが可能なのかというと、RUNTEQの運営母体がRailsの開発案件を豊富に扱う受託会社だからです。

 

新採ちゃん
RUNTEQを受講すれば『カリキュラムで学習し開発現場で必要な知識とスキルを身につける』→『実際の開発案件に参加し実務経験を積む』という流れが実現できるんですね!

 

ぼくが実際に転職活動しているときも感じたのですが、未経験エンジニアは飽和しておりその中で勝ち抜いていくのは難しいです。

逆にいえば、未経験エンジニアの看板さえ外すことができれば就活はかなり有利になります。

 

RUNTEQで実務経験まで積んだ状態で就活することができれば、他の未経験エンジニアよりもかなり就職しやすくなるのは間違いありません。

 

メリット⑥:他スクールと比較して料金が安い

 

RUNTEQはかなり高品質なサービスを提供している割に、受講料が安いです。

中には100万円近いスクールもある中、ランテックでは約30万円ほどで受講することが可能。

 

スクール名 受講料
DMM WEBCAMP

828,000円

(専門技術コース)

テックキャンプ  エンジニア転職

648,000円

(短期集中コース)

RUNTEQ

298,000円

(Railsエンジニアコース)

 

RUNTEQの受講料が安いのは、広告に力を入れていないからですね。

 

 

広告に力を入れているスクールは、広告費を受講生から回収しなければいけない分受講料も高くなります。

様々なプログラミングスクールがありますが、有名だからといって優良なスクールとは限らないので注意してください。

 

ランテックの2つのデメリット

 

続いてランテックのデメリットについて解説していきます。

 

デメリット①:完全オンライン型に切り替え

 

ランテックは以前はオフライン型だったのですが、現在は完全オンライン型になっています。

そのため1人でも自己管理しながらしっかりプログラミング学習を継続できる人でなければ、途中でプログラミング学習を挫折してしまう可能性があります。

 

新採ちゃん
1人だとどうしても学習に対するモチベーションが持続できないのですが…
ランテックはオンライン型スクールの中でもかなり受講生同士のコミュニティが活発なスクールなので、モチベーションは保ちやすいはず。

それでも心配な人は通学型のスクールを検討するのがオススメですよ。

 

デメリット②:学習カリキュラムのレベルが高い

 

ランテックのカリキュラムは実務を想定して作られているため、レベルが非常に高いのが特徴です。

そのため中途半端なモチベーションで受講してしまうと、他スクールに比べて挫折する可能性が高くなります。

 

 

本気でエンジニアになりたい人にしかオススメできないスクールということですね。

 

ランテックの評判・口コミ

 

ここからはランテックの評判・口コミについて紹介していきます。

 

現役エンジニアも認めるカリキュラム

 

受講生のレベルが高い

 

カリキュラムが超実践的

 

ポートフォリオのレベルが高い

 

他スクールからもお墨付き

 

現役エンジニアからのコードレビューが参考になる

 

実務でも学習内容が活かせる

 

良い評判ばかりですね。悪い評判などはないんでしょうか?
時間をかけて探してみたのですが、ランテックに関する悪い評判は見つかりませんでした。

 

圧倒的に悪い評判が少ないことからも、ランテックがかなり優良なスクールということがよく分かります。

 

無料説明会を受けてみる

 

ランテック受講生の就職先は自社開発企業が多い

 

続いてはランテック受講生の就職先について紹介していきます。

 

ランテックは就職実績などを公表していませんが、受講生の多くが人気の高い自社開発企業へ入社しているそうです。

 

 

ランテックはどんな人に向いている?

 

ランテックに向いている人は、「都内のスタートアップ企業に就職したい人」です。

 

スタートアップ企業はこれからサービスの成長を目指す企業であるため、少ないエンジニアで開発することが多い現場。

ハードワークになる可能性が高く体力と覚悟が必要ですが、その分設計から実装、改善など広い工程に関われるチャンスが多いため、スキルアップするにはこの上ない環境です。

 

ランテックは代表が現役のエンジニアということもあり、多くのスタートアップ企業とつながりがあります。

 

 

新採ちゃん
都内のスタートアップ企業でキャリアをスタートして、多少体力的に辛くてもとにかく成長したいです!
そんな人にはRUNTEQがオススメですよ!

 

無料説明会を受けてみる

 

-公務員

© 2021 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5