Web制作

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?
  • 静的ページと動的ページとは?
  • WordPressってどういう時に使うべき?

 

この記事を読んでいる方の中には、「静的ページ」と「動的ページ」の違いについて十分理解していないという方も多いのではないでしょうか?

 

この記事を書いているぼくは、未経験から独立した現役フリーランスエンジニアです。

主にWordPressを用いたWebサイト制作を請け負っており、月50万円ほどの収入を得ています。

 

本記事では「静的ページと動的ページの違い」や「WordPressを使うべきケース」について紹介していきます。

 

では早速はじめていきましょう。

 

静的ページと動的ページの違い

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?

 

「静的ページ」とはHTMLファイルで作られたWebページのことで、どんなユーザーにも同じ内容のページを表示します。

一度作ってしまえば特に内容を変える必要のないときに採用されます。

 

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?

 

対して「動的ページ」は名前通り動きがあるページのことで、アクセスしたときの状況に応じたページ内容を表示できるWebページのことです。

今ご覧になっているこのブログや、会員制のWebサイトなどは全て動的ページによって作られています。

 

静的ページは対応が早いけどマニュアルにあることしかできないお店。

動的ページは少し時間はかかるもののどんなリクエストにも対応できる柔軟力のあるお店のようなイメージです。

 

ポイント

  • 『静的ページ』はHTMLファイルで作られたページのことで、どんなユーザーにも同じ内容のページを表示する
  • 『動的ページ』はユーザーの行動に応じて違う内容を表示できるページで、更新機能や会員機能が実装できる

 

静的ページと動的ページのメリット&デメリット

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?

 

高機能なのは間違いなく「動的ページ」ですよね?

なら全部「動的ページ」で作ってしまえばいいんじゃないでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットが異なるので、一概に「動的ページの方が良い」とはいえないんです。

それぞれの特徴を理解したうえで、目的に応じた適切な方法を選ぶことが重要ですよ。

 

静的ページのメリット・デメリット

 

静的ページのメリットは以下のとおりです。

 

静的ページのメリット

  • 表示速度が早い
  • セキュリティ対策の負担が少ない

 

ユーザーごとに新たにページを生成する動的ページに比べてあらかじめ作ってあるページをそのまま表示するだけなので、表示は早くなります。

また個人情報や記事データを蓄積できるデータベースを使わないため「セキュリティ対策の負担も少ない」です。

ちなみに動的ページでは第三者の記事更新や個人情報の漏洩を防ぐためにも、セキュリティ対策は必須です。

 

静的ページのデメリットは以下の点です。

 

静的ページのデメリット

  • リアルタイムの更新に不向き
  • ユーザーに応じた表示内容の切り替えはできない

 

サーバーにアップしてあるHTMLファイルを表示するしかないため、内容を変えたい場合はHTMLファイルそのものを変更する必要があります。

動的ページのように手軽にページ内容を変更できないため、リアルタイムの情報発信などには不向きです。

内容を変更する際にもFTPソフトやサーバーなどに関する専門的な知識が必要で、初心者にはハードルが高いです。

 

また登録会員のみが閲覧できるページなど、ユーザーに応じて表示内容を変えることもできません。

 

静的ページが向いているサイト

  • 1度作成してしまえば内容はほぼ変更しない
  • とにかく表示速度を重視したい

 

動的ページのメリット・デメリット

 

動的ページのメリットは以下のとおりです。

 

静的ページのメリット

  • 情報更新が簡単にできる
  • ユーザーに応じて表示内容を変えられる

 

後で説明するWordPressなどを使えば、プログラミングの知識がなくても情報更新が簡単にできます。

またユーザーに応じて表示内容を変えることも可能で、登録会員しか見られないようなページも作ることができます。

 

動的ページのデメリットは以下の点です。

 

動的ページのデメリット

  • 静的ページに比べて表示速度が遅くなる
  • セキュリティ対策しなければならない

 

あらかじめ作成してある内容を表示する静的ページに比べると、動的ページの方が若干表示速度は遅くなります。

とはいえサーバーの改善やWordPressの改善などにより、両者の差はほとんどなくなってきていると言われています。

 

また動的ページは個人情報や記事作成に関わるデータを扱うこともあるため、セキュリティ対策は必ず行わなければなりません。

 

動的ページが向いているサイト

  • ブログや会員登録などの機能が欲しい
  • 今後カスタマイズして機能拡張していきたい

 

動的ページの機能が欲しいならWordPress一択

【図解】静的ページと動的ページの違いは?WordPressを使うべきケースとは?

 

クライアントから「ブログ機能と会員登録機能が付いたHPが欲しい」と言われたのですが、どうすればよいのでしょうか?
更新機能や会員機能など動的ページの機能が必要なときは、WordPressを導入するのがオススメです。

 

WordPressの特徴

  • 無料で使える(ドメインとサーバーは必要)
  • プログラミング知識がなくても記事作成やデザイン変更が可能
  • 圧倒的なシェア率があるため日本語の情報も豊富
  • 各種プラグイン(無料or有料)を使用すれば簡単に機能拡張

 

WordPressはとても拡張性が高いうえに、日本語ドキュメントも豊富です。

分からないことはググれば、大抵のことは解決できますね。

 

これだけの便利なシステムでありながら無料で使うことができるので、世界中のWebサイトで広く採用されています。

 

WordPressを用いたサイト制作の方法については別記事で解説しますね!

 

-Web制作

© 2021 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5