WordPress

【Macの方向け】MAMPを使ったWordPressのローカル開発環境を構築する方法

 

案件を受注して実際にサイトを制作していくときは、自分のPC内に構築したローカル環境を使って作業を行なっていきます。

この記事では、WordPressを使ったWebサイト制作で必須となるローカル環境を構築する方法について解説していきます。

 

MacでWordPressのローカル環境を作る方法

『ローカル環境』とは

『ローカル環境』とは、個人のPC内に構築された開発環境のことです。

HPに関する編集をいきなり本番環境で行うといろいろなトラブルが起こる可能性があるため、まずは外部公開や共有ができないローカル環境の中でWebサイトを開発します。

ローカル環境で実装・検証を行い、問題がなければ本番環境に移行するという手順です。

ローカル環境はPCのスペックが許す範囲であれば、いくつでも構築することが可能です。

 

『MAMP』について

WordPressはPHPという言語で作られています

またサイトを管理するためのユーザー情報や、更新性のある『新着記事』や『実績紹介』などはデータベースというシステムを使っています・

WordPressの開発環境を構築するには別サーバーが必要になるが、専門的な知識が必要でハードルが高いでが現状。

それを一括で解決してくれるのが、MAMPというツールです。

 

STEP1:MAMPをインストールする

 

それでは早速ローカル環境を構築するため、まずはMAMPのインストールから始めていきます。

>>MAMP公式サイトへ

 

 

 

 

『MANP PRO』をアンインストールする

MANPをインストールしたとき同時にインストールされたMAMP PROは必要ないので、アンインストールしてOKです。

 

 

 

 

 

 

 

STEP2:データベースを作成する

 

続いてWordPressの記事やユーザー情報などを保存するためのデータベースを作成します。

phpMyAdminに接続し、左上の『データベース』をクリックします。

 

①データベースの名前を記入

②『作成』をクリック

名前は自由なので作るサイト名に合わせるなど分かりやすい文字列がおすすめです。

 

左のボックス内に、作成したデータベース名が表示されていれば、データベースの作成は完了です。

 

STEP3:WordPressをインストールする

 

続いて『WordPress』をダウンロードしましょう。

 

 

ダウンロードしたzipファイルをクリックして展開します。

 

 

インストールしたWordPressを、MAMP内にある『htdocs』に配置します。

名前を変えておくと分かりやすくて便利です。

 

続いて『MAMP』のアイコンをクリックし、右上の『START』をクリックします。

これでMAMPが起動し、WordPress環境を扱えるようになりました。

 

続いてプラウザのURL欄に『localhost』と入力しエンターを押します。

ここに先ほど『htdocs』内に配置したWordPressファイルが表示されます。(ひとつしかないときはひとつだけ表示されます)

 

一番最初に接続したときは以下のような画面が表示されます。

左下のボタンをクリックしましょう。

 

ここで先ほど作成したデータベース情報を入力します。

以下の項目について入力し、他の項目は触らないでOKです。

  • データベース名:先ほどphpMyAdminで作成したデータベース
  • ユーザー名:『root』と入力
  • パスワード:『root』と入力

上記項目を入力し『送信』をクリックします。

 

続いて『インストール実行』をクリックします。

 

続いてWordPressのログイン情報などを入力します。

パスワードも自由に設定できますが、あまりに簡単なものだと下記のようにエラーが出る場合があります。(推測されやすい危険はありますが設定は可能です。)

入力が終わったら『WordPressをインストール』をクリックします。

 

『ログイン』をクリックします。

 

先ほど入力したユーザー名もしくはメールアドレスと、パスワードを入力し『ログイン』をクリックします。

情報に間違いがなければ、WordPressの管理画面に遷移できます。

 

-WordPress

© 2022 サボリン | 公務員からフリーランスになった人のブログ Powered by AFFINGER5